ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)

ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)

アスペルガー症候群は発達障害の一つです。

社会性・コミュニケーション・想像力・共感性・イメージすることの障害、こだわりの強さ、感覚の過敏などを特徴とする、自閉症スペクトラム障害のうち、知能や言語に遅れがないものになります。

人間は誰でも自閉症的な部分を多少は持っているのが普通で、程度の差だけが問題といえます。

社会性やコミュニケーションの障害のため、周りからは「変わり者」と思われている方が多い一方で、学校の成績はよく、大手企業に勤めている方の中にも、実はアスペルガー症候群だったと診断される方もいるようです。

アスペルガー症候群は、周りからは「変わり者」と思われていても自分自身では無自覚のため、敬遠される理由がわからないままストレスを抱え、うつ状態、強迫性障がいにつながってしまう場合もあります。